2008年6月30日月曜日

ラーメン

僕の身体の半分はラーメンで出来ているのではないかと思うぐらい、ラーメンを食べてます。以前に紹介した我が愛しき小池さんに負けず劣らず、「晩御飯はラーメン」な日々です。主にインスタントです。栄養偏ってますね。刑事ドラマ等で、おまわりさんが派出所内で食べてる出前のラーメンとかイイ感じでござるよ。

2008年6月29日日曜日

Un chaton qui a sommeil(眠たい仔猫)

気が付けば、もう6月も終わりに近づいてますね。月日の流れはあっという間であります。『光陰矢のごとし』と言いますが、年齢と取ると”一分・一秒”の時間が短く感じてしまいます。小学校を卒業した頃、「6年間って長かったな、やっと卒業かぁ」と思ったことがありましたが、最近では「あれれ?!もう正月が来たの!?早いなぁ」と感じる始末です。このままだと、いつの日か「うひゃぁ、もう年金受け取る年齢になっちゃった」、「あれれ、鏡見たら白髪だし(僕の場合はハゲかも)、腰曲がってるし」、「あぎゃー、いつのまにか俺、杖ついてヨボヨボしてるし」という感じになるのでしょうね。まさしく浦島太郎な感じでござるよ。話は180度変わりますが、仔猫って可愛いですね。

Un chaton qui a sommeil
http://jp.youtube.com/watch?v=AgEmZ39EtFk&feature=related

2008年6月26日木曜日

海外ドラマ「24」

みなさんは海外ドラマ「24」をご存知ですか?僕はお世話になってる先生から教えていただくまで全く知りませんでした(先生、いつもありがとうございます)。シーズンⅠから始まって、現在ではシーズンⅦまで製作されてるそうです。各シーズンが24本で構成されており(1本が1時間)ひとつのシーズンを見終わるには24本、つまり24時間観る必要があります。さすが映画大国のアメリカ、ドラマも非常に金がかかっており、気合を感じます。主演のキーファー・サザーランドさん(42歳)が熱演しており、めっちゃシブイです。しかし、この方、ドラマの中では『規則を重んじて、めちゃくちゃ信頼できる男』の役なのですが、私生活では飲酒運転を何回も繰り返して禁固刑を受けた経験があるようです。やはり誠実派が売りの俳優でも、所詮は一人の人間、多少の過ちもご愛嬌って感じで見守ってあげましょう。そんな感じです。

2008年6月23日月曜日

映画「ランボー4/最後の戦場」

ハリウッド俳優、シルベスタ・スタローンさんが演じるランボーシリーズの中でも今回のが一番シブイ出来栄えだと思います。監督、脚本、主演もスタローンさんが手がけており、なんと今年で61歳だそうです。既に還暦を迎えているとはとても見えません。ストーリーもいたってシンプルで非常に分かりやすく、爆破シーン満載、銃乱射、大量虐殺がめっちゃ怖くて(本当に)、前回紹介した映画「ホステル」に通じる部分があります。ぜひ映画館でランボー4を選択してみてください。

2008年6月22日日曜日

蛍(ほたる)

ホタルって幻想的で綺麗ですよね。6月はホタルの季節だったとは全く知りませんでした。世間知らずもいいとこですね。みなさんはもうホタルを見られましたか?京都の清滝?で6月初旬にいっぱい見られるとか聞きました。そういえば当院は今年の6月で開院2周年なんですよね。すっかり忘れてました。

Firefly Larva Glowing in Thailand
http://jp.youtube.com/watch?v=SCD-rbRugfk&NR=1

2008年6月18日水曜日

軍用パワードスーツ

米国防総省研究開発部門(DARPA)が研究している軍用パワードスーツ「エクソスケルトン」の試作品です。昔、テレビのSF映画で見た事あるようなものが、現実のものとして生まれつつあります。カッコイイなぁ。このスーツを装着することで、重たいものが簡単に持ち上げられたり、硬い物でもひねりつぶすことが出来る時代が来るのでしょうね。この骨格にプロテクターを付けて完全に防御したら、士郎正宗氏の『攻殻機動隊』の世界です。いつか商店街で、こんなスーツを身に着けた人たちが歩いている時代が来るのかも知れませんね。

ロボットダンス(全く関係ないですが・・)
http://jp.youtube.com/watch?v=HSoVKUVOnfQ

2008年6月17日火曜日

映画「ホステル」

いつもお世話になっている先生からのオススメでDVDを観てみました(先生、ありがとうございました)。いやはやビックリしましたね。この映画の恐怖感は、作り話では無く、本当に世界のどこかで行われてそうなストーリーであること。早い話が『会員制・快楽虐殺クラブ』のお話で、かなりリアルなのです。ヨーロッパの小国「スロバキア」の片田舎で、3人の変態アメリカ人男性グループが売春婦たちに騙されて、『エリート・ハンター』と呼ばれる快楽殺人サービスを提供する組織に売り飛ばされるというものです。なんと地方警察もグルで買収されており、「どうせ外国人なら死んでもいいと思う」みたいな対応です。それもまた妙にリアルなんです。こんなひどい人間がいるのか!?ヨーロッパに単独で行くのが怖くなります。関係ないですが、小学生の頃、日曜洋画劇場(確か、淀川長治さんの解説)で放送された『エクソシスト』を観た夜、トイレに行くのが怖くなったので、何かのお面(多分、仮面ライダー?)をかぶってトイレに向かったことがあります。でもその姿のほうが第三者が見たらよっぽど怖いですよね。

2008年6月15日日曜日

トヨタ2000GT

心のどこかに「結局、車は動けば良いのでは?」みたいな考え方がありませんか?昔々の学生時代にカローラ(家のお古)を乗っていて友人からバカにされた事がありました。このブログを読んでいる皆さん(誰も読んでないって!?)、カローラを馬鹿にしてはダメですよ。カローラは世界が誇るトヨタ自動車の中でも一番完成度の高い最高傑作であるという事実を知らないだけです。おそらく生産台数、特に海外市場へ送られている台数は世界一ではないでしょうか?ちなみに写真の車は1960年代に作られた『トヨタ2000GT』という当時の最高技術を駆使したスポーツカーで、現在でも1千万円程度でオーナー同士で売買されているとのこと。僕は決して買いたいとは思わないのですが、欲しがる方がいるんでしょうね。物の価値っていうのは不思議でござるよ。

2008年6月12日木曜日

人造人間キカイダー

人造人間キカイダー(石ノ森章太郎著)をご存知ですか?僕は子供の頃からヒーロー特撮系が大好きで、今でもビデオ屋さんで借りて観たりします。ちなみに医学部の先輩で「ジロー」という名前の方がおられますが、キカイダーの主人公も「ジロー」です。名前しかカブってないのに、キカイダーの写真を見て先輩を思い出してしまいました。他に「ジロー」と言えば、GLAYの「ジロー」を思い出す方もいるかも?そんな感じです。

2008年6月10日火曜日

クイズ・ダービー

今は昔、「クイズ・ダービー」という番組が放送されていたのをご存知ですか?司会者は元国会議員である大橋巨泉さんです。「芸能人に問題を答えさせて、司会者がコメントを加えながら番組を進めていく」・・・という、今では当たり前の事なのですが、この当たり前なスタイルを確立させた「元祖・クイズ番組」とも言えます。また、司会者によって番組が盛り上がることが非常に分かります。なぜなら当時はクイズ番組でボケる芸人などは一切いなくて、司会者一人だけが番組を盛り上げなくてはならない時代でした。クイズダービーでは回答者が5人いて、5人ともクソまじめに問題に答えて誰一人ボケませんでした(篠沢教授だけが天然でボケてましたが)。その難しい状況の中で大橋巨泉さんだけが一人で頑張っていたのです。その結果、1976年~1992年という16年間も続いた長寿番組となったのです。これはすごい才能だと思います。

クイズダービー
http://jp.youtube.com/watch?v=Om7WqaGCGdU

麻雀

先日、スタッフのみなさんと久しぶりに麻雀をしました。いつもはニンテンドーDSの麻雀ソフトで遊んでいるのですが、久しぶりに麻雀牌を握ってみたら「やっぱりこれですなぁ」という感じで、大変嬉しかったです。20歳頃は勉強もろくにせず、麻雀ばかりしていました。但し、今まで一度も役満で上がったことがありません。そういえば宝クジでも5千円以上当たったことも無いでござる。ショックだなぁ。
(※役満・・・すごい点数の高いあがり方。ポーカーのロイヤルストレートフラッシュより難しいかも?)

2008年6月8日日曜日

Manhattanhenge(マンハッタンヘンジ)

ニューヨーク、マンハッタンに一年に二回だけ演じられる壮大な落日の宴だそうです。学生の頃、ニューヨークを訪れた機会があったのですが、もちろん見る事はありませんでした。話は変わりますが、ニューヨークという土地は日本人が結構いますね。コンビニやマーケットには必ずと日本語が飛び交ってます。意外とビックリしました。

顔道(KAODO^)

以前、「よゐこのワケアリ」という番組で紹介された「顔道」の管理人shuさんのサイトです。日常の生活風景の中で、どことなく人の顔に見えるものを写真にとって掲載している面白いサイトでござる。いろんな視点から物を見てみることで、確かに顔っぽく見えるものって結構ありますよね。少年、少女の気持ちに戻ってのぞいてみてら楽しいかも知れません。そんな感じです。

顔道~顔に見えるもの~
http://kaodarake.blog86.fc2.com/

UFO

以前に宇宙人に関することを書きましたが、今回は未確認飛行物体(UFO)について色々書きたいと思います。僕は地球外生命体は必ず存在すると信じていますが、彼らが過去に地球に来たことがある、または現在来ているとは考えていません。もし仮に来ているとしたら、それは知的生命体ではなかく、超微生物、もしくは元素レベル程度の物質(例:地球外の鉱物)ぐらいだと考えます。それはさておき、UFOってすごいですね。物理の法則を無視して、鉄の塊が空に浮いているのですから。僕が生きている間に「空中浮遊できる装置」は開発されたらいいな。うーん、やっぱり無理だろうなぁ。

Attack - Los Roques UFO part 4
http://jp.youtube.com/watch?v=qZhrY4d_I3A&feature=related

2008年6月5日木曜日

レゴ・ブロック

映画「スター・ウォーズ」つながりですが、レゴ・ブロックのダースベイダーって意外と格好いいです。どちらかというとマーケットシェアは子供より大人を意識している感じがします。 
ある雑誌で読んだのですが、ブロック遊びを子供にさせることで、立体的イメージを作る思考力を養ってくれるため、数学や物理が強くなるそうです。
子供を理科系に進学させたい場合、テレビゲームより、ブロック遊びの方が良いのかもしれませんね。

2008年6月3日火曜日

Stormtrooper

映画「スター・ウォーズ」でおなじみの兵隊さんです。最近、ロンドンではこの兵隊さんのコスプレが流行ってるそうな。「仮面ライダー」(石ノ森章太郎作)に出てくる「キキーッ!」と声を出すショッカー黒タイツ軍団みたいな存在ですね。正式名称は「ストーム・トルーパー」と呼ぶそうですが、初めて知りました。大学の先輩で映画「スター・ウォーズ/エピソードⅠ」を観て、感動のあまり号泣してしまったと言っておられましたが、僕の意見はスター・ウォーズを観て「映像はすごいなぁ」と感じたけれど、さすがに泣くことは出来ませんでした。泣ける映画として、僕は韓国映画である「ブラザーフッド」(監督カン・ジェギュ)をオススメします。ではでは・・・。

映画「ホテル・ルワンダ」

先日、お世話になっている先生から薦められて『ホテル・ルワンダ』を観ました。アフリカ・ルワンダ国で実際に起きた大量虐殺のストーリーです。過去にナチスが起こしたユダヤ人大量虐殺に似ています。本当にハラハラなシーンが満載で「あぁ、僕は日本人で良かった」と思いました。以前に紹介した『バベル』 なんかと比べ物になりません。
(先生、薦めていただいて本当にありがとうございました。)
結局のところ、「大量虐殺」がおきる背景には必ず政治が絡んでいますね。日本を含めた先進国では「身の安全は無料」というのが一般常識になっています。ところが「身の安全は有料」という国は大多数に存在するのござる。日本の恵まれた環境に感謝すべきかもしれませんね。

2008年6月1日日曜日

Orlando Bloom

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ロード・オブ・ザ・リング」などの出演でブレイクしたハリウッド俳優『Orlando Bloom(オーランド・ブルーム)』さんです。最近では資生堂「uno」のCMで日本人女性のファン層も広がっている感じがします。僕は最初、イギリス人サッカー選手の『ベッカム』さんと勘違いしていました。似てるなぁ~と感じるのは僕だけでしょうか?とにかくイイ男ですね。羨ましいなぁ。